コミュニケーションについて

「他人は鏡」という言葉を聞いたことがありますか。

鏡を見て、顔にゴミがついていることに気付いたとします。

このとき、「鏡に手を延ばす人」はいませんよね。

「鏡の中の顔に、ゴミがついている」とは誰も思いませんよね。

かならず自分自身の顔に手を伸ばし、ゴミを取ります。

しかしコミュニケーションにおいては、「相手に問題がある」と捉える人が多いのです。

「会話が弾まないのは、相手の話題の引き出しが少ないからだ」

「会話が噛み合わないのは、相手が自分の話を聞いていないからだ」などなど。

もし心当たりがありましたら、その時の会話を思い出してみてください。

ゴミがついていたのは相手ではなく、自分だったかもしれません。